せいとく介護こども福祉専門学校|2年間で保育士資格・幼稚園教諭免許または介護福祉士の資格

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 交通アクセス
フリーダイヤル 0120-963-667 〒064-0811 札幌市中央区南11条西8丁目
HOME > 介護福祉科

高齢者・障がい者とその家族に信頼される、介護のプロになろう。

2年間で取得できる資格|就職の可能性が広がる3つの資格。|介護福祉士(国家資格受験資格)/レクリエーション・インストラクター/専門士

介護福祉士国家試験対策に絶対合格保証

介護福祉士の国家試験で、合格率100%を「確実」に実現させるため、せいとくでは在学中の2年間、定期模試を実施。さらに、合格ラインに届かない学生には特別講義で徹底サポート。弱点を克服して効果的に合格する力を養います。また万が一、不合格だった場合でも卒業後、学ぶ環境と時間をつくり合格をサポート。全員合格を保証する、せいとくならではの制度です。

せいとくで学ぶメリット

2019年度就職決定率100%
  1. 卒業と同時に国家資格「介護福祉士」の
    受験資格が取得できます。
  2. 充実した生活を送るための活動を提供する「レクリエーション・インストラクター」の資格も取得可能です。
  3. 創立100年。北海道初の介護福祉士養成校※の実績と、業界に広がるネットワークが強み。
  4. 大学編入も可能になる「専門士」の資格も得ることができます。
  5. 一人ひとりの個性と適性を伸ばすクラス担任制で、学生生活の悩みや不安も安心へと導きます。
  6. 2019年度就職決定率100%!一人ひとりの希望就職を全ての教員がサポートしています。
  7. より深く介護を学び、人間性を育む「ボランティア活動」。就職活動にも役立つプログラムです。

※厚生労働省指定

「介護福祉士」の仕事

日常生活が困難な高齢者や障がいのある人などに対して、食事や入浴、排泄などの身体介護を行う、国家資格の専門職です。さらに、その家族などをサポートする役割も担っています。現場では、ケアワーカー・寮母さん・介護さんと呼ばれることもありますが、資格取得者しか介護福祉士の名称を使用することはできません。

介護福祉士に求められる力

  • 感性豊かな人間性と幅広い教養。
  • 介護の仕事が好きである。
  • 同僚や周囲の人と協調性を持って取り組める。
  • 利用者を理解するとともに、命と安全を預かる責任感。
  • コミュニケーションがとれる。
  • 健康管理がしっかりとできる。
  • 利用者・家族・同僚への気配りや心配りができる。
  • 謙虚な姿勢を持ち、成長するための努力を怠らない。

コラム 活躍の場と仕事内容

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などでの施設介護

高齢者の日常の身の回りの世話から、入浴介助などの身体介護的な業務全般を担当します。日常の関わりから、その人の役割や可能性を一緒に考えていきます。

グループホーム

家庭的な雰囲気の中で、認知症高齢者と一緒に日常生活を営むほか、入浴や食事介助など身の回りのケアを一緒に行います。

デイサービスセンター

通ってくる高齢者の食事や入浴介助、レクリエーションなどを行います。自宅では難しいことを、通いで行うことで、自宅での生活を可能にします。

療養型などの病院

ケアワーカーとして、着替えや食事、入浴介助など、療養中の介護業務を担います。

障がい者支援施設

支援員として、障がい者の生活支援や作業・訓練のサポートを行います。障がいを持ち生活しても、社会参加できるように支えていきます。

POINT

  • 現場に直結した実技の授業が豊富

    移動や食事の介助など、施設で生活する人をサポートしていくために必要な実技の授業を豊富に用意。介護の現場に直結した内容で、実践力が身につきます。

  • 知識×技術×人間性がバランス良く学べる

    介護福祉士養成のためのスキルのほか、手話や点字といった障がいへの理解を深める授業など、せいとくならではのカリキュラムで福祉の心を育てます。

  • 施設別の介護実習で就職の幅が広がる

    高齢者施設のほか、障がい者支援施設などさまざまな施設で実習を体験。2年間で4回、約50日の実習を積み重ねることで視野を広げ、就職の選択肢も広げることが可能です。

  • 「知識」や「理論」がしっかり学べる

    老化や障がいに関する理解、認知症の症状など、支援者としての基礎となる知識や理論もしっかり習得できます。学んだ知識は介護実習で磨きをかけていきます。

せいとく独自のカリキュラム

介護技術検定
移動介助などの専門技術ごとに検定を実施。不得意な分野を克服し、実践力に自信をつけます。通常のカリキュラムに加えて、現場を想定しながら個別指導を受けられる、せいとく独自の授業です。

学科合同学習会
学生主体の学習会を実施。学生同士での知識・技術の確認をすると同時にコミュニケーション力をアップさせることができます。

国家試験対策
合格率100%を実現させるための定期模試。合格ラインに届かない学生には特別講義で徹底サポート。弱点を克服して効果的に合格する力を養います。


時間割(一例)

表:時間割


施設が求める技術を身につけられる!せいとく独自の介護技術検定

体位変換や移動介助など、授業でつかう事例をもとに専門的な技術検定を実施。通常の授業に加えて、介護の現場を想定しながら個別指導を受けられるので、実践力が身につきます。

ステップごとのテーマ

A:ベッドメイキング B:ベッド上での体位変換 C:起き上がりから車いすへの移乗 D:更衣の全介助 E:排泄の一部介助 F:修了判定実技試験

介護福祉科施設実習

実際の福祉の現場で老人や障がい者との関わりを通して、必要なスキルが身につきます。

1年生の実習は、7月から始まりますが、授業や準備は入学してすぐの4月から始まります。実習は、受け身ではなく自らプロデュースするもの。座学だけではなく、施設見学やボランティア活動などを行い、自分で学びたいことを一緒に考え、学生がイメージできるような指導を行っています。


施設実習の流れ
実習前フォロー

実習先は高齢者施設のほか、障がい者支援施設などの福祉施設もあります。学生個人の希望や適性を考慮し、実習先を決定。目標を立てて、実習に臨みます。

1年次
7月・10月 介護実習Ⅰ- ①[10日間] 施設理解を中心に学ぶ

祉施設の理解を深め、利用者の生活や介護支援サービスの多様性を体験します。

学校との関わり/フォロー体制について

実習担当の先生は直接訪問し、担任はメールや電話でサポートするWサポート体制です。

11月 介護実習Ⅰ- ②[17日間] 利用者理解を中心に学ぶ

入所型介護施設の体験を通して、自分が目指す介護のイメージを具体化します。

学校との関わり/フォロー体制について

先生が週1回以上必ず訪問し、学びやすい環境をつくるための連絡・調整をします。

2年次
6月 介護実習Ⅱ[25日間] 利用者理解を中心に学ぶ

入所型介護施設で利用者の介護計画を立案し、個別ケアを長期的に実践します。

学校との関わり/フォロー体制について

先生が実習先に訪問するほか、一度全員が登校し気持ちを高める機会をつくります。

実習後フォロー

グループ検討会で体験を報告し合い、豊かに生活するための支援方法をさまざまな角度から考えます。

「反省しても後悔せずに」先生の言葉で、前向きに変わりました。

teacher小野 千晴 先生|学科長

介護の主役は、介護を必要としている方です。だからこそ、「相手にとってどうか」の視点を大切にしています。私はOKでも相手はNOかもしれない。これまで当たり前にしていたことでも、介護福祉士として、「期待を超える、プロ」としてすべきことなのか。皆さんには学生としてではなく、介護福祉士として働いている姿をイメージして接するようにしています。

teacher花積 彩乃 さん|札幌白石高校出身

私は物事に取り組む時、失敗を恐れて、前に進めませんでした。ある時先生から「人間は失敗するものだし、失敗して気づくこともある。それよりも取り組めばよかったと、後悔だけはしないで!」と言われ、自分で行動して失敗したとしても、次に生かせばいいんだ、と前向きな気持ちになることができました。

自分が本気でぶつかると、先生は本気で受け止めてくれます。

teacher長屋 敦志 先生

介護の仕事は、その人がどんな生活を求めているのか幾つかの選択肢を考える仕事でもあります。そのためにはどのようなリスクがあり、何が必要かを提案できなければなりません。何がその人の豊かさになるのか、その人が納得して決められるよう、考えられる人を育てるようにしています。

teacher大堀 優花 さん|長沼高校出身

自分が本気でぶつかっていくと先生は本気で受け止めてくれて、1つ質問してもたくさんの知識が返ってきます。入学してから、積極的に質問したり、学ぼうとする姿勢が身につきました。実習では、丁寧に教えてもらえるのでとても心強い。しっかり学び「あの人に介護してもらいたい」と言われる人になりたいです。

  • せいとくの「1日体験入学」何度でも参加して、ナットクできる進路を選ぼう!保護者の方もお気軽にご参加ください。
  • せいとくのことをもっと知りたいなら…資料のご請求はこちら
このページのトップへ