せいとく介護こども福祉専門学校|2年間で保育士資格・幼稚園教諭免許または介護福祉士の資格

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 交通アクセス
フリーダイヤル 0120-963-667 〒064-0811 札幌市中央区南11条西8丁目
HOME > 就職実績

就職担当は校内の全教員! きめ細やかなバックアップ体制で毎年高い就職率を誇っています。

こども福祉科 就職実績

全職員の就職サポートで、希望者全員就職を実現!就職決定率100%

こども福祉科 就職バックアップ体制

就職ガイダンス

1年次から始まり、2年次も前期から実施。就職対策に役立てられています。

卒業生との就職座談会

仕事のやりがいや就職活動の体験談を聞くことで、将来像が明確になります。

試験対策

過去の問題を分析し、小論文や面接、実技試験の練習まで徹底して行います。

マンツーマン指導

学生自身が気づいていない長所や苦手意識の克服などを個別にフォローします。

卒業生紹介

せいとくは、分かるまで丁寧に向き合ってくれる、熱血な先生ばかりです。

小野寺 汐音さん

2018年卒業
湧別高校出身

〔 現在の勤務先〕 幌南華園保育園
〔 所属・肩書〕 保育士
〔勤務歴〕 2年

こどもを預かるだけではなく、保育園での生活を通して、基本的な生活習慣を身につける指導や、こどもの安全や健康状態を管理するのも保育士の仕事です。こどもはもちろん、保護者とも関わる仕事なので、あいさつや言葉遣いにも気をつけています。
学生時代に学んだ、さまざまなうたや手遊びなどはちょっとした場面で活かすことが出来てとても役立っています。ただ、当時は勉強が苦手で日々の授業やレポート、テストではいつも苦労していました。そんな私のために、先生たちが代わる代わるマンツーマンで指導をしてくれたことは、今でも感謝しています。

こどもの気持ちに寄り添い、耳を傾けることを大切にしたい。

杉村 ひとみさん

2017年卒業
札幌東豊高校出身

〔 現在の勤務先〕 光星友愛認定こども園
〔 所属・肩書〕 保育士
〔勤務歴〕 3年

こどもたちの発達に合わせて、遊びや玩具選び、部屋の環境を考えたりと、生活習慣を身につけられる練習ができるように工夫しています。その中で、こどもの気持ちに寄り添うことを、1番に大事にしています。学生時代を振り返ると、思い出すのは先生との思い出ばかりです。実習でくじけそうになった時に励ましてくれたり、今でも学校に会いに行くと「頑張っているね」などと声をかけてもらえてうれしいです。
保護者や職員、そしてこどもたちに信頼される保育士であるためにも、せいとくの先生のように、気持ちに寄り添い、耳を傾けることを大切にしたいです。

介護福祉科 就職実績

全教員の就職サポートで、希望者全員就職を実現!就職決定率100%

せいとくは、皆さんの夢を全力で応援します!合格率100%!2年連続 介護福祉士国家試験全員合格!全教員の充実サポート!絶対合格保証制度誕生!せいとくで“期待を超えるプロ”をめざしませんか?
.3%

介護福祉科 就職バックアップ体制

就職ガイダンス

1年次から始まり、2年次も前期から実施。就職対策に役立てられています。

卒業生との就職座談会

仕事のやりがいや就職活動の体験談を聞くことで、将来像が明確になります。

試験対策

過去の問題を分析し、小論文や面接、実技試験の練習まで徹底して行います。

マンツーマン指導

学生自身が気づいていない長所や苦手意識の克服などを個別にフォローします。

卒業生紹介

先生の言葉で「優しいを超えるプロになる!」と自分を強く持てました。

二塚 泉水さん

2019年卒業
札幌真栄高校出身

〔 現在の勤務先 〕 ケアセンター山の手
〔 所属・肩書 〕 介護福祉士
〔 勤務歴 〕 1年

介護の基礎知識はもちろんですが、それ以上に身についたのは「できないで終わらせない介護の考え方」です。「できないことをできるようにするには」を利用者さんと一緒に考えることも介護福祉士の役目です。変えることは難しいですが、どうしたらいいかを追求する姿勢をせいとくで学べました。在学中、「自分は優しい人間ではないから、この仕事に向いていないのでは」と弱気になった時、先生から「優しいだけではプロじゃないよ」といわれて、介護に対する意識が変わりました。その言葉を聞いてから「優しいを超えるプロになりたい!」と自分を強く持つことができました。

介護技術検定が、仕事をする上でのベースになっています。

粕谷 太樹さん

2015年卒業
札幌南陵高校出身

〔 現在の勤務先 〕 サン・グレイス
〔 所属・肩書 〕 介護福祉士
〔 勤務歴 〕 5年

食事や入浴など、入居者さんの身体的な介助だけでなく、理学療法士などリハビリ専門スタッフと協力し、身体機能の維持・回復もサポートしています。現場で役立ったのが「介護技術検定」です。入居者役と介護者役で身につけた介護技術の基礎が、仕事をする上でのベースになっていると感じます。また、ボランティア活動は、在学中にさまざまな施設に行けるので、自分に合った施設を見つけるのに役立ちました。今後はさらに楽しい介護、より良いケアができる介護福祉士になれるよう、介護に関わる資格の取得も目指していきたいです。

  • せいとくの「1日体験入学」何度でも参加して、ナットクできる進路を選ぼう!保護者の方もお気軽にご参加ください。
  • せいとくのことをもっと知りたいなら…資料のご請求はこちら
このページのトップへ